2016年06月01日

三菱とスズキの違い

同じく不正をしていた三菱自動車とスズキ
これの明暗がすごくわかれましたね。
おどろきのわかれ具合ですね。

まずは、三菱。
1990年代から、燃費偽装をおこなっていました。
本来のカタログ燃費として測定される値から、10〜15%。
ものによっては、それ以上も偽装された燃費を掲載していました。
最悪ですね。この企業。
しかもその間に何度もリコール隠しとか
さまざまな問題があったわけですが、それでも膿はだしきれずに、
そのまんまでした。
本当にひどい話ですね。

一方のスズキ
2010年代から燃費不正を行っていました。
本来のカタログ燃費として測定される値から1〜5%
それくらい低い値がカタログに載っていました。
本来なら、もっといい燃費がでたのに、
スズキがケチケチ方針で、テストコースの整備をおこたったため、
実測値よりも厳しい数値をカタログに記載していたんですね。

なので、全車種で燃費がさらに良くなるという
凄い結果になりました。

うん。

この結果、スズキが実に消費者に対して
真面目に自動車を作っているという事実が明らかになりました。
そりゃ、カタログ燃費よりもいいっていう話がでるわけだわw
posted by けんいち at 17:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック